忍者ブログ
ここでは、ごん店長の最近の様子やお知らせ、そして時にはワタクシ店長代理の日々の出来事やつぶやきなど…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学生になったばかりの頃、今の地に越してきた。
私の記憶では、当時うち(酒屋)を含め3軒しか店が無かった。
店の脇をチョコレート色(ビターかな?)の電車が走っている。
立川から川崎までを走る南武線だ。

車内の床は木で出来ていて(歳がばれそう) 南武線はとても味のある電車だった。
その昔、今では世界に名を知られる映画監督でもあるビートたけしさんが、東京一汚くて臭い電車と漫才のネタにしてたことがあったっけ。

子供の私にはチョコレート色に見えたのに、たけしさんは…
駅舎やホームの椅子ももちろん木造で、椅子の背板の上にはガラス窓があった。
よく二人の兄といとこ達とで、南武線に乗り映画を見に行ったのを覚えている。

駅前は、私や兄たちの恰好の遊び場だった。道もまだ舗装などされておらず、雪が積もった時などは道と駅との短い斜面を利用して、ぺっちゃんこにした段ボールで滑り落ちるのが楽しみだった。 
それを何度も何度も繰り返す。

兄たちは、よく店の前でキャッチボールをしていた。
そう、その日もキャッチボールをして遊んでいた。 仲間に入れてもらえない私は、ふくれっ面をしながらもそれを眺めていた。
次兄が勢いよく投げたボールは、、長兄の頭上高く通り越しホームの窓ガラスの中へと消えた。 
ガッシャーン、物凄い音を立て窓ガラスは砕け散った

「あ~っ」誰かが大声で叫んだ。皆ただただ呆然として、誰一人その場から身動き出来かったように思う。 
子供ながらに、皆心臓がバクバクしていたに違いない。
身動きしない兄達を横目に「お父さん呼んでくる」と、私は大慌てで店へと駆け込んだ。

ホームの椅子に…窓ガラスの下に、電車を待つ人がいなかったことが、本当に本当に救いだった。 
兄らは、両親に付き添われ駅にお詫びに行き、ガラス代を弁償して済んだらしいが…

その時ばかりは、神妙な面持ちで叱られている兄達だった。
それを傍らで見ていた私は「私をキャッチボールの仲間に入れなかった罰だ」と、ほくそ笑んでいたに違いない

今思い出しても、もしあの時誰かが椅子に腰掛けてたら…と、想像するだけで背筋がぞっとしてしまう。

その後南武線は様変わりし、大好きだったチョコレート色から、黄色、そして今では銀色に黄色とオレンジ、こげ茶のラインの入った、最新型?の車体になった。10~13分に一本と本数も多くなった。 
そんなに馬鹿にしたもんじゃない。

きっとこれから先も、ずーっとお世話になり続けるであろう南武線。 
どうか、事故の無いよう走り続けて欲しいと願わずにはいられない。

PR
29  28  27  26  24  23  22  21  20  19  18 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り